​timelake

シェアの時代

それでも知ること 経験すること は個人に属する

どこで見るか 発信するか

流れる縛られた時間の中にある映像

タイムレイク のような時間を

内包した映像作品を シングルスクリーン という

均質なタイムライン に乗せて上映することで

立ち現れる 映像の未来 や 本来の時間

果てしない時間 を纏った

すでに シングルスクリーン である 絵画 写真

作品 と 人 が出会えたなら

呼吸するように 画面の外に漂いはじめ

とりまく息を共有する それぞれのタイムレイク

時間の中に存在する映像の上映会

孤独に存在している絵画 写真の展示 による

時間と空間 を移動しながら

連続する展覧会

timelake

一方向に流れる川のようなtimeline に対して、

湖のような留まりながらも複雑に流れる混ざり合うような

タイムレイクという時間のあり方。2015 ‒

The era has come to share everything, but knowing and experiencing are still personal. Where do you find it and forward to others?

 

 

The video work in a flowing but bound time is a video screened by placing it on an equivalent timeline called a "single screen" that includes a "time lake" of lake-like time. Then, the original meaning and the original time of those images are appeared.

 

 

When people encounter paintings, photographs, and art works that are already on a single-screen that have embraced endless time, they begin to drift away of the screen as if they were breathing and share the breath that surrounds them. There is each "time lake."

 

 

Screening of the moving image that exists in the time. By the display of pictures and photographs present in solitude, it is a series of exhibitions, moving through time and space.

© timelake2019  /  timelake2019@gmail.com

  • Grey Facebook Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now